2月2013

第10回会合のご案内

会合のご案内

【福祉連携協議会・会合概要】

●日時:2013年3月15日(金) 18時30分~20時
※20時10分~懇親会(自由参加・別途会費制)

●場所:高砂市福祉保健センター 会議室1     〒676-0021 兵庫県高砂市高砂町朝日町1丁目2番1号

●定員:30名 ●参加費:300円(会場費・資料代)

【予定企画】
●勉強会
①「薬でお困りのことありませんか?」~ケアマネの立場からの意見交換~ アミカ介護センター:宮下真由美さん

②「転倒・転落防止について」~デイサービスの立場からの意見交換~   古民家デイサービスうららか:住所和彦さん

お申込みはこちらのサイトよりお願いいたします。↓

第10回福祉連携協議会参加申し込みサイト

10回会合案内←PDF版申し込み書(FAXの方はこちらをご使用ください)

 

 

第9回会合レポート

会合レポート

福祉連携協議会・第9回会合(姫路市開催)

日時:2013年2月15日(金)
18時30分~20時
会場:兵庫県立姫路労働会館 2階サークル室A  参加人数:18名

今回も「転倒転落防止」と「お薬について」の勉強会がメインテーマでした。

①テーマ「住宅改修からみた転倒転落防止について」
りふぉーむ葭田 葭田真弓講師

転倒転落事故のリスク軽減のための住環境整備について、現在姫路市で
女性目線での住宅リフォームで活躍されておられる葭田講師にお話しいただきました。

「危険を発見し改善する能力を培う」ということで、転倒転落事故につながるリスク要因や、
リスク軽減のための住環境の工夫について参加者で意見を発表したり、葭田講師が実際に
住宅改修の現場で感じたこと、工夫されたことなどをプロジェクターを使い、
実際の現場の写真などを用い分かりやすくご説明していただきました。

 

②テーマ「お薬でお困りのことありませんか?」
兵庫医療大学薬学部 前田初男教授
オフィスカラム 石崎真紀子代表

まずオフィスカラムの石崎代表に、現在の処方薬は識別が難しく、色・形・大きさもとても似ており、
服薬ミスのリスクが非常に高いというお話をしていただきました。

ただ、お薬自体の色や数・視覚デザインなどを変えるのはとても難しい。
そこで患者様のために服薬ミスのリスクを減らすにはどうすればいいのか?ということから
服薬トレー「掌(たなごころ)」の開発が始まったとご説明いただきました。

 

実際に掌(たなごころ)を手にとっていただき、実際の現場では服薬時にどんな工夫をしているのか
どんな点で困っているのか?掌をどう工夫すればいいか?など皆さんで意見交換を行いました。

服薬トレー掌

 

服薬ミス防止だけでなく、現在300億円とも言われている残薬費の問題などの改善にも
服薬トレーで出来ることはないか?薬の飲み忘れをどう防ぐか?といったお話も伺うことができました。

 

今回も一分間スピーチでは、皆さんの普段の様子「ダイエット」や「趣味」「ペン習字を始めた」
などを楽しいお話をみなさんから聞くことができました。
スピーチって何を話せばいいんだろう?と緊張されるかもしれませんが、
何を話そう?って考えている時間も楽しいですし、異業種の方がどんなことをされているのか、という
ことも分かるので楽しい時間になっているのではないかな?と思います。

来月は、高砂市での開催が決まっております。
転倒転落防止については、デイサービスの立場からの意見交換。
お薬については、ケアマネージャーの立場からの意見交換を予定しております。
詳細は後日発表させていただきます。