3月2017

第55回会合のお知らせ

会合のご案内

【福祉連携協議会・会合概要】

●日時:2017年4月11日(火) 19時00分~20時30分

●場所:姫路労働会館

兵庫県姫路市北条一丁目98番地

●参加費:200円

【予定企画】

「ホントに知ってる⁈認知症のこと〜認知症支援の基本をみんなで考えよう〜」

今回は、参加者みんなでディスカッション&グループワークです。
認知症についての勉強会や、認知症についてのガイドブック、講演会など
認知症については様々な情報が溢れています。
しかし、「認知症」についてどれだけ正しく知っているでしょう?
認知症を正しく知って、認知症のある方への支援についてみんなで考えてみませんか?
だれもがいつまでも、住み慣れた町で、安心して安全に暮らして行けるように。
みんなで、一緒に考えましょう。

初めての方も大歓迎です!

会合参加をご希望の方は こちら からご連絡お願い致します。

第54回会合レポート

会合レポート

3月14日(火)に、第54回 福祉連携協議会 会合として、『「エンディングノートで未来を変える!」~みんなで考えようエンディングノート~』と題し、エンディングノート体験研修を(株)バンブー 竹裏由佳さんを講師にお招きして開催しました。

当日は、様々な医療/福祉分野や関連分野で活動する方が参加し、エンディングノートについて学び、体験をおこないました。

17353180_1412802382075398_4163690366439726580_n

まず最初に、エンディングノートについて説明をしていただきました。講師の竹裏先生の体験や、クイズ、参加者の「私が今死んだら、ペットはどうなるんだろう?どうすればいいんだろう」という疑問の声への答えを挟みながら、講義は進みました。  17353383_1412802355408734_8576221208634773083_n

「終活」と言う言葉や、それは一体どういうことをすべきなのか、自分が死んだ後どうして欲しいのか、ということだけでなく、エンディングノートを書く意図や書く家庭で大切なことなどを教えていただきました。エンディングノートを書きながら、色んな事や身の回りを整理片づけできること、ノートを書く事でいきている間に自分がどうしてほしいか、またはしてほしくないかを伝えられる事などを教えて頂きました。

17352430_1412802308742072_6242328708235292247_n

体験では、ノートの一部を抜粋したサンプルをいただくとともに、質問にこたえる形で、自分の様々な事を考え記入して行きました。好きな食べ物は何か、趣味は何か、大切なものイザと言うときに持ち出したいものは何か、何かあったら誰に伝えたいか、部屋の配置図はどうか、家系図はどうなっているかなど、とても答えやすく一見終活とは関係なさそうな内容から、じっくり考えたくなる質問まで、様々なことに答えて行きました。

17424843_1412802362075400_5464494425407068202_n

体験を通じて、エンディングノートは、死ぬことを意識して書くのではなく、遺言とも異なり、書く事で今の時点の生活から片付けができ役立つものである、ということがわかりました。さらに、契約や金融機関や財産などについて、細かく書かなければいけないと思いがちですが、そうではなく、どこの銀行をつかっているか、どこの証券会社で株をしているか、というメモ書きや、公共料金などは請求書を1枚、決めたファイルにおいておく事で役に立つ、とのことでした。

いきなり細かなエンディングノートを書くのはたいへんですが、少しずつ身の回りにある資料を片づけ、メモを書いたノートを作るのであれば、今日から取り組めると思う内容でした。これからの生活や、支援/援助に役立たせ、最期まで本人の思いを大切にした支援をしていきたいものです。

福祉連携協議会 会合では、今後も、体験会や研修会、交流会を開催いたします。
次回も、よろしくお願いいたします。是非、どなたでも、ご参加ください。